プラチナチタン触媒「エアープロット」とは?


チタン


  ※エアープロット類似品にご注意
     @エコ・エアープロットは当社商品とは一切関係がございません。
     A5uタイプのエアープロットは商品改良前のタイプです。

     プロが施工するエアープロットは商品改良し性能がアップし、
     保証・サポートがついた商品となっております。


  ※現在、エアープロットG及びHは商品のみでの小売販売はしておりません。
     施工完了渡しでお客様に提供させて頂いております。



 プラチナチタン触媒エアープロットって何?

 ■プラチナチタン触媒とは、
   
   エアープロットはプラチナチタン触媒です。

   エアープロットを窓ガラスに塗布すると、
   昼間は太陽光を利用し汚れた空気を分解します。

   夜間はプラチナ触媒が効果を発揮し、汚れた空気を吸着分解します。


   室内のアレルギーの原因物質(空気中に舞っている有機化合物)を分解し、
   水蒸気や二酸化炭素の無害なものにします。


   シックハウスの原因物質の「揮発性有機化合物」
   花粉症の原因物質の「花粉」
   アトピー性皮膚炎・喘息の原因物質の「ダニのフン(ハウスダスト)」

   これらの物質を分解除去し酸化させ、快適な室内環境を創ります。


image43-700.jpg




 エアープロットによる有機化合物、分解・除去メカニズム


まず、エアープロットが分解出来るものは【有機化合物】です。

有機化合物とはC(炭素)やH(水素)が結合して出来た化合物を有機化合物といいます。

シックハウスの原因のホルムアルデヒドや花粉症の原因物質の花粉、
アトピー性皮膚炎・喘息の原因物質のハウスダストなどは全て有機化合物です。
  
ここではホルムアルデヒドの例でプラチナチタン触媒の分解のしくみを説明します。



@エアープロットを塗布すると、窓ガラス表面にプラチナ触媒とチタン触媒が固着されます。
 また、空気中にはシックハウスの原因物質のホルムアルデヒドがあります。

 image372.gif



Aプラチナ触媒により、ホルムアルデヒドの結合が切られ、バラバラな状態になり、プラチナ触媒表面に吸着します。

 image391.gif



Bどんどん分解と吸着をしていきます。
 しかし、プラチナ触媒表面が吸着したもので覆われてしまうと分解吸着効果がなくなってしまいます。

 image40.gif



C朝になり日が昇ると太陽光から紫外線が窓ガラスに照射されます。
 チタン触媒に紫外線が照射されると空気中にある酸素【O2】を分解します。
 分解された酸素が原子状の酸素【O】にします。

 image431.gif



D分解された酸素【O】は非常に酸化力が強く、
 プラチナチタン触媒に吸着されていた原子を酸化し、水や二酸化炭素に変えます。

 image441.gif



Eそうすることにより、プラチナ触媒表面に溜まっていた原子は離れ、表面が出てきます。
 すると再びホルムアルデヒドの分解を再開します。
 昼間はチタン触媒による酸素の分解と酸化も継続して行います。

 image453.gif




 今迄の光触媒とプラチナチタン触媒は何が違うの?

今迄の光触媒 ※今迄の光触媒です。

  二酸化チタン単独です。
  (他の金属元素は入っていません)

  チタンがバインダーに埋もれています。
  空気に触れられないので効果が出ない。
  (空気に触れるのは30%位と言われています)

  有機バインダーを使用しています。
  チタンで酸化して取れてしまいます。
  (約1年位で取れると言われています)



yoii.gif ※プラチナチタン触媒です。

 窓ガラスにこの様に付いています。
 この粒径は6nm〜10nm(ナノメートル)です。
 (10億分の6〜10メートル)

 人間の目はすき間を見ているので透明です。
 白金とチタンが直接空気に触れます。
 (有害物質が分解できる理由)

 無機接着剤使用のため酸化しません。
 長期間取れない理由です。

 ガラス全面にこの様に固着します。
 (ガラス全体が空気清浄機のようです)

 ■一番の違いは、水の光分解が出来るか、出来ないかです。
   水=酸素と水素の化合物です。

 水の分解

 ▼エアープロットをガラスに塗り、水が分解される様子。
   コップの水の中にエアープロット塗付ガラスを入れ、太陽光に当てます。
   水が水素と酸素に分解されて、泡が出ているのが見えます。(右は拡大)
 コップの水   水素発生


 今迄の光触媒は、空気中の酸素を分解して強い酸化力を得ていましたが
 水を分解することはできませんでした。

 白金触媒は、すべての有機化合物を吸着して、水素の結合を切ります。
 したがって、酸素と水素の化合物である水の光分解ができるのです。
 そのことにより、すべての有機化合物を分解・除去できるようになりました。


 【水の光分解の理論】
 エアープロットは、白金触媒とチタン触媒を使用して効果を出しています。
 日本の光触媒は、二酸化チタンのみを使用して有機化合物を分解できるものと
 していますが、効果は薄くはっきりとしたデータが出ていません。

 これと比較して、エアープロットは水が分解できます。
 従って、H(水素)、O(酸素)、C(炭素)の化合物である有機化合物の
 分解効果を発揮します。

  水の分解理論
  ※エアープロットは上記理論を進化させ、
   プラチナチタン触媒を使い空気革命を起こしている商品です。



  空気中に浮遊する、私たちに有害な物質(有機化合物)を分解して
  なくしてくれるのです。


 プラチナチタン触媒を施工するとどう変わるの?

 ■有害物質のないキレイで安心な空気のお部屋に変わります。

   例えば、
   花粉症の原因物質の花粉がないお部屋に変わります。
   アトピー性皮膚炎の原因物質のダニのフンがないお部屋に変わります。
   喘息の原因物質のダニのフンがないお部屋に変わります。

   シックハウスの原因物質の揮発性有機化合物のないお部屋に変わります。
   細菌やウィルスのない清潔なお部屋に変わります。

   臭いの元の有機物を分解するので、臭いのないお部屋に変わります。
   汚れを分解するので、いつもキレイな窓ガラスに変わります。


  【水(H)の光分解ができるので、有害物質を分解できる】

  結合を切る    白金周りに付く

  分解された原子状の物質は、白金周りに付いて、光触媒で完全に酸化還元され、
  水(H2O)と二酸化炭素(CO2)の無害な物質になって空気中に戻ります。



  ▼施工前と施工後の室内空気環境の違い(イメージ)
   きれいな空気の部屋
     

  ※このように、汚染されていた室内空気のお部屋が、
   有害物質のないキレイで安心な空気のお部屋に変わるのです。
   健康生活の基本である、クリーンな室内空気環境に変わります。

  ※有害物質やニオイ分子のない、澄んだ室内空気環境に変わります。

 アレルギーの人
   (花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、シックハウスなど)

 ニオイに敏感な人、ガラスの汚れが気になる方などにお奨めします。


 費用は高くないの?

 ■1度施工すると長期間取れません。
   (現在7年目でも取れずに効果を発揮しています。)

  1度施工すると、他の維持費はかかりません。
   (太陽光がエネルギーです)
   (今迄かかっていた他の費用も抑えることができます)

    ※しかも3年間保証付きです。
   (効果が無ければ、お買上げ金額を全額返金するメーカー保証が付きます)

 【私共が施工にお伺い致します】
  ▼施工は、私共が全て責任施工し、施工後も3年保証が付きます。


 プラチナチタン触媒「エアープロット」の詳しいしくみと特徴

  プラチナチタン触媒「エアープロット」は,白金触媒+チタン触媒のダブルで
  効果を出す、窓ガラス専用コーティング剤です。
  チタン触媒は昼間働き、白金触媒は昼間はもちろん夜間も働きます。

  一番の特徴は、室内空気中に揮発している化学物質など
  (揮発性有機化合物、花粉、ダニのフンやダニの死骸、
    嫌な臭いの原因物質など)を、
  吸着・分解・除去してきれいな室内空気に変えてしまうことです。

  更に、優れた消臭効果、抗菌効果、防汚効果によって、いやな臭いが、
  低減し、浮遊菌もなくなり、汚れにくくなります。

  「エアープロット」の効果及び製法と施工方法は国際特許出願し、
   国際調査機関(日本国特許庁)で認められました。
   潟[ンワールドの国際特許出願番号:PCT/JP2006/307506
   潟[ンワールドの国内特許取得!【特許第4048266号】

 ▼白金触媒の役目
  @、空気中に揮発している化学物質などを原子状で吸着分解します。
  A、常温で、紫外線の有無に関わらず働きます。
    (光触媒と違い夜間でも働く)
image1061.gif

 チタン光触媒の役目
  @、太陽光が当たると酸素の酸化還元をする。
image1071.gif

 ▼プラチナチタン触媒の役目
  @、白金で揮発性有機化合物や花粉、ダニのフン等を原子状にします。
  A、白金で原子状にした物質をチタン触媒で酸化させ、
    無害な物質(水や二酸化炭素)にします。
image117_サイズ変更.gif

 ▼エアープロットの特徴
  1、室内の窓ガラスに塗布することで、室内空気中に浮遊している物質を
    分解・除去して、きれいな室内空気に変え、快適なお部屋を作ります。

   ★空気中に浮遊している分解する物質とは、
    ・揮発性有機化合物
      (ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等)
    ・花粉 
    ・ダニのフン、ダニの死骸など
    ・アンモニア臭など(いやな臭いの原因物質)
   ★これらの物質を分解・除去して、きれいな空気に変えるのです。
  
 
「エアープロット」をもっと詳しく知りたいなど
先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0240-25-2629
エアープロットのお問い合わせ

メールはこちらから:bl-service@world.ocn.ne.jp


 ▼エアープロットの優れている理由
  1、最も効果を発揮する窓ガラスに塗布します。
    チタン触媒の効果は太陽の紫外線が決め手となります。(紫外線の量)

    @、机の上(蛍光灯)   4マイクロワット
    A、壁(太陽光と蛍光灯) 2〜4マイクロワット
    B、床          0〜2マイクロワット
    C、ガラス窓の太陽光   40〜1500マイクロワット

  2、エアープロットの付着状態
    まばらに付着させることが重要!
    エアープロットG塗布ガラスの顕微鏡写真(7500倍)
 clip_image0022_サイズ変更.jpg

  ガラス面に適量が塗布されています。
  白い粒がエアープロットです。
  まばらに合金つけて、効率よく紫外線を室内に入れています。
  そこがエアープロットの優れている点です。