特許商品【エアープロットの安全性】に付いて

ヒメダカを用いた魚毒性試験(安全性)


■エアープロットの主原料である二酸化チタンは、食品添加物として
  アメリカで1968年、日本では1983年に認可されており、食品・口紅などの化粧品にも
  広く利用されています。

  製品としても、(財)日本食品分析センターによる皮膚一時刺激性試験、
  急性経口毒性試験でもその安全性が確認されています。

  また、白金も人体には無害で、厚生労働省によって食品添加物としても
  認められています。

■化学物質の生態影響試験の一種である魚類の急性毒性試験では、
  ヒメダカを対象として試験を行っています。

 安全性を確認する為に、ヒメダカを飼った水槽にエアープロット塗布ガラスを入れ
 ヒメダカの観察を行いました。

【試験結果】
■2003年8月 ヒメダカを飼い始める。
 2006年現在 今では子供、孫、ひ孫を生み、20匹以上になり元気に泳いでいます。
 medaka.gif  image481_サイズ変更.gif 

★ヒメダカを使った安全に付いて

 OECDにおける生態影響試験法で決められています。(TG203)
 
 化学物質の安全性に付いて取り決めを進めており、その一つとして
 テストガイドラインとして作成している。