アトピー原因
プラチナチタン触媒と太陽光で分解・除去します。






丸25.jpgアレルゲン(ダニのフンや死骸)に悩まないで済むお部屋があります

笑顔300.jpg  アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフン
  と言われています。

  ダニのフン、ほこり、カビなどのアトピー性皮膚炎を悪化させるものを
  減らす為にエアープロットを塗布します。

  今お住まいのお部屋の窓ガラスにエアープロットを塗ると、プラチナ+
  チタン触媒のダブル触媒効果を太陽エネルギーだけで発揮します。

  エアープロットは室内のアレルゲン(原因物質)を分解し、除去し、
  室内からなくす事ができます。



ダニのフンは目には見えない(10〜40ミクロン)大きさです。
ダニのフンは虫体(ダニ)よりも小さく気管支に入りやすく、フンの量の方が多い為、フン由良のアレルゲンは99%を以上を占めています。

 下記の写真はダニのフン(アレルゲン)分解の様子です。
        ダニのフン原型                  12時間後
  ダニのフン原型  12時間後


 ▼実際にダニのフンが、エアープロット塗布ガラス上で分解する様子です。
▼ダニの分解の顕微鏡写真(静岡県立静岡工業技術センターにて撮影)
ダニ150.jpg
ダニとフン
ダニ原型150.jpg
ダニのフン原型
ダニ12H150.jpg
12時間後
ダニ3日150.jpg
3日後
※分解されたダニのフンは抗原でなくなります。抗体反応が起きません。


分解できるのはダニのフンだけではありません。
花粉や、揮発性の化学物質、細菌やウィルスなどの有害物質、ニオイの元になる成分を分解して消臭もします。  


アトピーとっても経済的で手間いらず
 arrow_16_red-21.jpg1度施工すれば何年も取れずに効果が持続します。(現在8年目実証中)
 arrow_16_red-21.jpg施工後効果がなければ全額返金するメーカー3年保証付き
 arrow_16_red-21.jpg1部屋だけ塗っても効果あり。(例:寝室、リビング、子供部屋など)
 arrow_16_red-21.jpgこれからも毎年かかる、今迄の花粉症対策費と比べてみて下さい。
 arrow_16_red-21.jpgエネルギーは太陽光(紫外線)のみ。維持費は一切かかりません。
 arrow_16_red-21.jpgメンテナンスは2〜3か月に1度、ガラス面を水拭きするだけです。
 arrow_16_red-21.jpg無機物(白金・チタン・ケイ素)が原料なので、安全性は問題ありません。

窓ガラスは透明なままです。(国際特許で証明済み)
※窓ガラスの施工面に空気が触れないと効果が出ません。
 (昼間は、できるだけカーテン等は開けて頂くようになります)



          


丸25.jpgアトピー性皮膚炎の原因

ダニ  走査電子顕微鏡でみたダニとダニのフン

  アトピー性皮膚炎の大きな特徴は“強い痒み”と“治りにくい湿疹”です。
  痒いので皮膚をかき、皮膚が炎症してさらに痒みが強くなり、
  循環を繰り返します。アトピー性皮膚炎で重症の人が増える原因として
   @ストレスの増加
   Aダニが発生しやすい住環境
   B食生活の変化 が考えられます。

  アトピー性皮膚炎の原因はハウスダストとダニのフンと言われています。
  ダニ、ほこり、カビ、はアトピー性皮膚炎を悪化させるものなので、
  出来るだけ減らす努力が必要です。

 (「かゆくたってへっちゃら!!」−アトピー性皮膚炎を悪くしないために−より引用)」



丸25.jpgアトピー性皮膚炎の症状って?

アトピー性皮膚炎がなぜ起こるのでしょうか。

皮膚は上から表皮、真皮、皮下組織というつくりになっています。
表皮の一番上の最上層には肌を守るのに重要な役割をする「角質」という組織があります。

角質の中には平らな細胞が層になって重なっています。
この細胞同士の隙間に、セラミド(細胞間脂質)という脂が埋まって、細胞と細胞をしっかりくっつけ、肌を保護しています。
これにより皮膚の「バリア機能」が保たれています。
    
ところが、アトピー性皮膚炎の患者さんは生まれつき、このセラミドが十分でありません。
このため、細胞と細胞の間に隙間ができ、皮膚がカサカサになって穴が開いた状態になります。

その結果、水分が逃げやすなって皮膚が乾燥し、外から異物(ダニやハウスダスト)が入り込んで、
湿疹が悪化しやすくなります。



丸25.jpgエアープロットって何?

    エアープロット
  1.  白金が主触媒、二酸化チタンが助触媒の新触媒です。
  2.  室内空気中の有機化合物を分解・除去します。
  3.  ニオイ成分を分解して、消臭します。
  4.  汚れを分解してガラスのキレイが持続します。
  5.  特許 第4048266号
  6.  国際特許出願 PCT出願番号PCT/JP2006/307506
  7.  1度窓ガラスに塗ると長期間取れません。
  8.  (現在8年目で効果を持続中)保証期間は3年。
  9.  全額返金するメーカー保証制度があります。
  10.  窓ガラスの透明度は変わりません。
  11.  分解メカニズム、【PDF】エアープロットの仕組み

  12.  エアープロットとは?

     講座
     分解メカニズム


【安全性は? もちろん赤ちゃんやお年寄りがいても安心です】
エアープロットの主原料である二酸化チタンは、食品添加物としてアメリカで1968年、日本では1983年に認可されており、食品・口紅などの化粧品にも広く利用されています。

製品としても、(財)日本食品分析センターによる皮膚一時刺激性試験、急性経口毒性試験でもその安全性が確認されています。
 詳しくはこちらをご覧下さい


お気軽にお問い合わせ下さい。
私達が自信を持って、親身になってご相談をお受けさせて頂きます。
私たちも施工に伺います。(認定施工士です)
   
  古田土 博子        

          




アトピー、アトピー性皮膚炎の原因物質(ダニのフンなど)に付いて

アトピー性皮膚炎とは

アトピー.jpg  アトピー性皮膚炎とは、
  皮膚のバリアー機能の低下により、
  ダニのフンや死骸などのアレルゲンが
  皮膚から侵入して炎症を起こし、
  ドライスキンや発疹、痒み等の
  症状が出ることといわれています。

 アトピー性皮膚炎はお子様に多くみられます。
 特に、1〜6歳の乳幼児の10〜30%は一度はかかるといわれています。
 
 湿疹=アトピー性皮膚炎ではありません。かぶれやあせもなどの場合もあります。

 お子様は、皮膚を外敵から守るバリアー機能がまだ成長していない為
 ちょっとした刺激で、様々な皮膚炎の症状を起こします。

 アトピー性皮膚炎の大きな特徴は、
 「強いかゆみ」と「治りにくい湿疹」です。

 かゆいので、皮膚をかいてしまい、皮膚の炎症を悪化させてしまう悪循環を
 繰り返してしまいます。

 お子様のアトピーの症状も、年齢によって違いがあります。
 「乳児期」の場合:乳児アトピー・赤ちゃんアトピー
   顔を中心に赤くがさがさした湿疹が出来たり、首や肘などにも現れます。
  
 「小児期」の場合:小児アトピー
   手足に湿疹がたくさんできることが多く、かさかさや白い点々が出たりします。

 「学童期」の場合
   肘やひざ、首などの関節に慢性化した湿疹が目立ってきます。

アトピー性皮膚炎には、ダニのフンなどのアレルゲンと一緒に、有害な化学物質も
  症状の発症や悪化に関係しているとも言われています。
  住宅内に揮発する化学物質や、排気ガスなど身の回りには多いですよね。

最近は、子供だけではなく大人のアトピー性皮膚炎(成人アトピー)患者が
 増える傾向にあります。
 アトピー性皮膚炎の人は、皮膚のバリアー機能が十分でないのです。
 この為、細胞と細胞の間にすき間が出来、皮膚ががさがさ(アトピー乾燥肌)になって、
 穴が開いたような状態になり、外から異物が入りやすくなります。

 ダニのフンやダニ、ハウスダストなどが入り込んで、湿疹が悪化しやすくなります。

 女性の方は、お化粧をすることで、化学物質が皮膚に刺激を与えて皮膚炎を
 誘発してしまう場合もあるかと思います。

 ストレスをなくしましょう。
 かゆみとストレスの因果関係は、はっきりしませんが、ストレスがなくなると
 症状がよくなることもあるようです。
 かゆみもストレスになりますので、かゆくならないようにすることが大切です。

 ダニ、ダニのフン、ほこりやカビはアトピー性皮膚炎を悪化させるものですから、
 できるだけ減らす努力が必要です。

 ダニの殺虫剤などは、薬剤が直接皮膚に触れたり、空気中に揮発して
 かえって体に、悪影響を及ぼすこともあります。

アトピー性皮膚炎の最大原因はヒョウヒダニです

ヒョウヒダニ.jpg アレルギーの原因として、その80%にヒョウヒダニが関係していると
言われています。

生きているヒョウヒダニでなく死骸やフン、卵が細塵化したものです。
これが室内の空気中を漂っています。

この空気を吸い込んだり、これらのアレルゲンがバリアー機能の
低下している顔や腕、その他の皮膚から侵入し、
過敏に反応してしまい、アトピー性皮膚炎になってしまいます。

 ヒョウヒダニの生態については
  ・高温・多湿になると盛んに活動し、特に梅雨時に繁殖します。
  ・暖房している室内は一年を通して活動しています。
  ・生息場所は、カーペット、畳、布団、ペットのいる所などです。
  ・特に寝具には、大量繁殖しています。
  ・エサは、カビの胞子や食品のクズ、人やペットのフケ等です。

ダニのフン・死骸の顕微鏡分解写真。ダニのアレルギー対策に。


■アトピー性皮膚炎の多くはダニアレルギーです

  ダニは一番身近にいるアレルゲンです。
  生きたダニではなく、フンや死骸が細塵化して空気中に舞っているのです。

  最近の快適な住宅環境は、ダニの繁殖にも快適なのでダニが多くなっています。
  目に見えないので自覚しにくいのですが、吸い込んだり触れたりしています。

  健康な人にはあまり影響がないと思いますが、
  アレルギー症状のある方には大きな問題です。

  今までは、空気中に舞うダニ(フンや死骸)を除去する技術がありませんでした。


■ダニ(フンや死骸)を分解・除去できる特許商品

 お部屋の窓ガラスに塗るだけで、ハウスダスト中に含まれるダニのフンなどの
  アレルゲンを白金触媒と光触媒のダブル効果で、分解・除去します。

  しかも、太陽光だけがエネルギーなので維持費がかからず、
  3年間効果は持続します。
  今までなかった世界初の特許商品で、アレルゲンを分解できるようになりました。

  ダニだけでありません。
  花粉、化学物質、細菌・ウィルス、臭いも分解・除去します。


  潟[ンワールドの【国際特許(PCT/JP2006/307506)で証明済み】
  潟[ンワールドの【国内特許(特許第4048266号)】

アトピー性皮膚炎、喘息の原因物質である、ダニのフン・死骸等を分解・除去。

  ダニのフン、ダニの死骸などを分解・駆除して、
   お子様にも安心な、キレイで安全な室内空気環境を作ります。

  ※窓ガラスに塗った後は、カーテン等は開けておき、室内空気が
   ガラスに触れるようにしてください。(ドアも閉めてください)
  ※空気は常に動いています。ガラスに触れてダニのフンなどが吸着され
   分解・除去を常に繰り返して、室内空気中のダニのフン等を除去してしまいます。
  ※それを毎日繰り返すことで、室内空気中にアレルゲンがなくなります。

   
  エアープロットを塗布したガラスにダニのフンをのせ
  分解する様子を顕微鏡で撮影しました。

  【平成15年 静岡工業技術センターにて撮影】

image17_サイズ変更.gif
★ダニのフンの原型
●大きさ 約7〜8μm
●顕微鏡倍率 8000倍


image22_サイズ変更.gif
★エアープロット塗布ガラスにダニのフンを乗せ、
紫外線を照射して12時間後
●固まりだったものがバラバラになってきた。
●立体だったものが平になってきた
●顕微鏡倍率 8000倍


image23_サイズ変更.gif
★エアープロット塗布ガラスにダニのフンを乗せ、
紫外線を照射して3日後
●中心の白いもの周りに水たまりのような物がある。
●顕微鏡倍率 8000倍

 ダニのフン・死骸などのアレルゲン(アトピー性皮膚炎の原因物質)を
  分解・駆除して、空気をきれいにして、アトピー性皮膚炎、
  赤ちゃんアトピー、乳児アトピー等のアレルゲンが除去されます。


アトピー性皮膚炎の原因物質を分解する詳しい説明はこちら
喘息の原因物質を分解する詳しい説明はこちら