アレルギーの原因物質に付いて考えてみましょう


アレルギーとは?

 体に備わった生体防御システムが、対外から入り込んできた異物を排除しようと、
 過剰に反応する時にアレルギーが起こります。

▼体には自分以外の物質を排除する働きがあります。
 
 例えば、健康であれば弱い微生物に感染しないようにする働き。
 細菌やウィルスに感染した時、それらをやっつけてしまう働き。
 いったん排除した異物が再び侵入した時に、認識できるよう記憶する働き。

 こういった体に本来備わっている生体防御の働きが「免疫」システムです。
 生物が生きていく為に、欠かすことができないものです。

 ところがときとして、この生存に必要不可欠な免疫システムが過剰に働き、
 自分自身の器官や組織を壊すなどの症状を引き起こすことがあります。
 この免疫の異常反応によって起こるのが、いわゆる「アレルギー」です。

アレルギーの原因物質は粘膜から侵入しやすい

 細菌やウィルスなど自分以外の物質の多くは、一般に皮膚や
 粘膜(目・鼻の粘膜や消化管の粘膜など)を通って体内に侵入します。

 皮膚の表面にはバリアーの働きをする角質の層があり、それによって
 微生物の侵入から守られています。

 一方粘膜は粘液で覆われているだけでなので、皮膚に比べると、
 微生物などの異物が侵入しやすいといえます。

 だからといって容易に異物が侵入しては困るので、免疫システムが働くのです。

 ただ、異物の中でも特にアレルギーの原因となる物質が体内に侵入し、
 その物質に対して免疫システムが過剰反応を起こした場合に
 アレルギー症状がでます。

 例えば、ダニやハウスダストや花粉などが鼻粘膜を刺激することで起きる
 アレルギー性鼻炎などがあります。

主なアレルギーは?

 ▼花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどが主なアレルギーとして知られています。

 スギやヒノキ、ブタクサといった植物の花粉が原因となる
 アレルギー性鼻炎が、いわゆる「花粉症」です。

 アトピー性皮膚炎は、アトピー素因を持つ人に多く発症する、かゆみのある湿疹です。

 アトピー性皮膚炎の根本的な原因は、皮膚のバリアー機能の低下です。
 そのため、細菌の毒素やダニ、花粉などのアレルギーの原因物質が、
 皮膚の内側まで入り込みやすくなるのです。

 気管支の粘膜で起きるアレルギーがぜんそくです。
 ダニやハウスダストなどを吸い込んで気管支の粘膜を刺激して起こります。

アレルギー(鼻炎・喘息・アトピー)に共通した原因物質はダニのフンなどです!!

ヒョウヒダニ.jpgアレルギーの原因物質として、その70%以上に
チリダニ(体長が約0.2〜0.5mm)が関係していると言われています。
その中でもヒョウヒダニが約9割を占めています。

最近の住宅は気密性が高く、
一年中快適に生活できるようになってきました。
これはダニにとっても良い環境なので、家ダニは増加しているのです。

生きているチリダニではなく死骸やフン、卵が細塵化したものです。
これが室内の空気中を漂っているのです。
(ダニのフンや死骸は数ミクロンしかなく、当然肉眼では見えません)

この空気を吸い込んでしまい、アレルギーの発作を起こすといわれています。
チリダニの生態については
  ・高温・多湿になると盛んに活動し、特に梅雨時に繁殖します。
  ・暖房している室内は一年を通して活動しています。
  ・生息場所は、カーペット、畳、布団、ペットのいる所などです。
  ・特に寝具には、大量繁殖しています。
  ・エサは、カビの胞子や食品のクズ、人やペットのフケ等です。

※これらのアレルゲンがバリアー機能の低下している皮膚から侵入し、
  過敏に反応してしまい、アトピー性皮膚炎になるといわれています。

今までの、自分でできる対策としては
 ●掃除機でハウスダストを丁寧に吸い取り、ダニ退治やダニ対策をしています。
  でも、布団やソファーの奥の奥までいるダニの駆除は無理ですね。
 ●洗濯をして洗い流す。
  ダニアレルゲンは水溶性ですが、完全には洗い流せません。

 ●防ダニ布団等でダニが布団に入り込まないようにする。
  「超高密度繊維」の寝具などを使用する。(周りまでは無理ですね)
 ●取り替える・捨てる。
  新しければ安心というわけでもありません。(費用も大変です)

色々な対策をしても、なかなか効果が現れないのが現状だと思います。
又、チリダニやダニアレルゲンを減らす効果的な殺ダニ剤も市販されていません。

ダニアレルギーについて

最近の都市化の影響や住宅の、高気密化・高断熱化などにより、
ハウスダストに含まれるダニの増加が深刻になってきました。

ダニは家の中に30〜40種位住み、数千万から数百万匹いるといわれています。

ダニは高温多湿を好むことから、梅雨時から9月にかけて多く繁殖します。

ダニは、気管支ぜんそく・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎などの
主な原因物質と考えられています。

アレルギーに影響するのは生きたダニではなく、
死骸・フン・脱皮殻などが乾燥して微粉末になり
空気中に漂い、それを吸い込んだり、傷口から体内に進入し過敏に反応するのです。

特に幼児は睡眠中に多くの寝返りをうち、
動いて微粉末を舞い上げ吸い込んでしまうのが多くなり、
小児喘息や赤ちゃんアトピー等になりやすいといわれています。

アレルゲンが体内に入る方法

吸入性アレルゲン(鼻から入るもの)
      ⇒埃、ダニの糞、ダニの死骸、カビの胞子など

食餌性アレルゲン(食べるもの)  ⇒さば、えび、カニ、そば、卵など

接触性アレルゲン(触れるもの)  ⇒化粧品、塗り薬、注射、ハチなど

花粉症の原因物質(花粉アレルギー)

花粉が目に入る ⇒アレルギー性結膜炎
目に入った花粉を流そうとして涙が出る。
花粉を排除しようとして痒みが出る。

目を盛んにこする →目がコロコロ→痛くなる。
目がまぶしくなる →目が開けられなくなる→アレルギー性結膜炎

花粉が鼻に入る ⇒くしゃみ →勢いよく押し出す反応
鼻水 →洗い流す反応
鼻がむず痒くなり鼻粘膜が腫れる →鼻づまりを起こしてこれ以上
花粉が入ってこないで欲しいといってアレルゲンの侵入を防いでいる。

花粉がのどに入る⇒咳が出る。痰が出る。顔のほてり、悪寒。
鼻づまりの為口呼吸をして排除しようとして咳が出る。

花粉が気管支に到着 ⇒花粉喘息

花粉が顔や手に付く ⇒湿疹やアレルギー性皮膚炎

喘息(気管支喘息)の原因物質

埃、ダニ、カビ、花粉、アレルゲンを吸入することで起こる。
アレルゲンが来ると気管支では気管支筋を収縮させます。
気管支粘膜の腫れ、痰によって気管支の内径が細くなる。
気管支喘息の発作が起きる。
小児喘息の90%はハウスダスト(ダニ、埃)が主な原因と言われています。

アトピー性皮膚炎の原因物質

アレルギー素因の強いタイプをアトピーといいます。
気管支喘息、花粉症、じんましん、アトピー性皮膚炎などの病気は
よく合併しやすく遺伝的傾向が強いといわれています。

アトピータイプの人は
生まれながれにIgE抗体を産生しやすい体質(アトピー体質があるために、
各種のアレルゲンに対して各臓器のIgEが反応を表し、いろいろな病気や症状になりやすいそうです。)

何れの症状もアレルゲンを対外に排除するための人体の防御反応です。
アレルゲンとしては、ほこり、ダニの糞、ダニの死骸、カビの胞子花粉、
排気ガス等があげられています。
痒みの症状が皮膚で起こるのが特徴だそうです。

日本人の約30%がアレルギーで悩んでると言われるほど近年拡大しつつあります。

【アレルギー増加の原因】

住宅事情の変化で、高密度・高断熱の家が多くなってきた事が
大きな原因の一つです。
1年を通して、快適な生活が可能になってきました。
これは同時に、ダニやカビ等を住宅内に繁殖させる原因となってきたようです。

アレルゲンでお困りでしたら、
先ずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL:0240-25-2629
ダニのフンや死骸に付いてのお問い合わせ

参考文献:「図解 雑学アレルギー」 岡村友之著 潟iツメ社