ヤマユリ

スタッフブログ




   2017年7月17日(月)



今日の楢葉町も暑い一日です。


楢葉町の町の花が「ヤマユリ」です。
自宅の庭にもヤマユリが咲きました。

やまゆり.jpg

楢葉町は昭和31年に木戸村と竜田村が合併して誕生しました。
「楢葉」という言葉は、古くは平安時代の書物に「楢葉郷」という地名として出ているそうです。

ヤマユリですが、純潔で香り高く気品があって鱗茎(リンケイ)の固い団結は、
町民の連帯感を深め、お互いに協調しあい調和と統一のあるまちを願って
町の花に選ばれたそうです。(楢葉町のホームページより転載)


自宅の玄関前の花たちも暑さに元気がなさそうに見えます。

花.jpg


二十四節気の“小暑”の末候、“鷹乃学習(たかわざをならう)”の季節です。
鷹の幼鳥が飛ぶことを覚えるころとされています。

古来より鷹は、武人の象徴とされていたようで、
鷹の羽を家紋に使うのも多く、浅野家や西郷家などが有名です。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)