蟄虫啓戸

スタッフブログ




   2016年3月6日(日)



第七候、“蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)”
冬篭りの虫が出てくる頃とされています。


季節の花、「すみれ」

すみれ.jpg

春先に、どこでも見かける野草が「スミレ」です。

「菫色」という名前にもなった青紫の独特の色が特徴です。
5枚ある花びらの下1枚だけが大きいのも特徴の一つですね。

花の形が墨入れに似ているので「すみれ」という名が付いたとか、
どうなんでしょうね。



季節の行事、「桃の節句」

ひなまつり.jpg

桃の節句と言えば、三月三日、ひな祭りの日ですね。
「上巳」と呼ばれる五節句のひとつです。

平安時代の貴族の間で、自分の厄災を変わりに引き受けさせた紙人形を、
川に流して厄除けをしたのが、ひな祭りの風習の始まりらしいです。

それがやがて豪華な雛人形を飾り、次第に祝うようになっていったそうです。

江戸時代に五節句が制定されたときに、日付は三月三日になったとされます。
今でも、女の子の厄除けと健康祈願の行事として定着しています。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)