ハウスダスト(ダニのフン)分解の顕微鏡写真


特徴2 ハウスダスト(ダニのフン)を分解します


  プラチナ触媒&光触媒のダブル触媒効果で、空気中に舞うハウスダスト
  (ダニのフンや死骸)を分解・除去できるのが特許:「エアープロット」です。

  エアープロットを塗布したガラスにダニのフンをのせ
  分解する様子を顕微鏡で撮影しました。

  【平成15年 静岡工業技術センターにて撮影】

image17_サイズ変更.gif
★ダニのフンの原型
●大きさ 約7〜8μm
●顕微鏡倍率 8000倍


image22_サイズ変更.gif
★エアープロット塗布ガラスにダニのフンを乗せ、
紫外線を照射して12時間後
●固まりだったものがバラバラになってきた。
●立体だったものが平になってきた
●顕微鏡倍率 8000倍


image23_サイズ変更.gif
★エアープロット塗布ガラスにダニのフンを乗せ、
紫外線を照射して3日後
●中心の白いもの周りに水たまりのような物がある。
●顕微鏡倍率 8000倍


  分解されたダニのフンは抗原とはなりません。
  抗原(アレルゲン)の舞わない空気環境に変わります。